子育て全般

生後3ヶ月健診・敏感すぎて股関節脱臼の項目にひっかかる!

こんにちは、あねごんです。

今回は生後3ヶ月健診について、特に娘が「股関節の開排制限」にひっかかった時のことを書きたいと思います。

3ヶ月健診では身長、体重、頭囲、胸囲を測ります。さらに、首すわりと股関節の開排制限がないかどうかを診ます。
市によって集団健診の場合と、個別に病院に出向いて健診を受ける場合があります。

1か月健診の時と同様、赤ちゃんはおむつだけにされるので、敏感な子は「これから何されるの?」という恐怖で泣き出したりするかもしれません。

医師が診るのは、主に首のすわり股関節脱臼がないかどうかです。

首すわりは、赤ちゃんを仰向けに寝かせて両手を持って起こすというやり方をする場合が多いようです。
それで首がついてきたら、首がすわったとみなされます。

かなりしっかりした赤ちゃんの場合、顎を引いて起きてくるツワモノもいらっしゃるようです。

でも完全にすわっていなければいけないというわけではなく、しっかりしてきていれば大丈夫です。

股関節を診る理由

医師はまず、赤ちゃんを仰向けに寝かせて両足がきちんとM字型に開くかどうかを診ます。

太もものしわの数が違って見えたり足の長さが左右で違ったりしていないかなどもチェックします。

さらに両膝が床に付くように押します。

ここできちんと股関節が開くか、左右は対称かを診ています。

もし開排制限(きちんと開かない)がある場合、股関節が外れる「先天性股関節脱臼」、あるいは「発育性股関節形成不全」が疑われます。

その場合は、レントゲンの撮れる整形外科で精密検査を受けるように、あるいは様子を見て再受診するように指示されます。

股関節脱臼予防のために

股関節脱臼のほとんどは後天性で、おむつの当て方や抱っこの仕方で、赤ちゃんの股関節は外れやすくなってしまうそうです。

抱っこひもは、赤ちゃんの両足がM字型にしっかり開くものが適しています。

スリングなどは、赤ちゃんの脚が開かずにまっすぐになってしまいがちなので、長時間は避けたほうがいいでしょう。

また、おくるみなどでくるむときも、脚がまっすぐにならなりすぎないように気を付けてあげたいですね。

敏感赤ちゃん、足を開かない!

さて、家の中以外で裸にされるのも、初めての人が体に触れるのも嫌がるうちの娘ですが、医師に抱かれ仰向けにされたとたん「ギャーギャー」と耳をつんざくような声で泣き始めました。

あまりの声量に全員が苦笑い。

そして全力で体をこわばらせたり突っ張ったりして、生後3ヶ月の赤ちゃんとは思えない力で抵抗します。

医師が両膝を開こうと頑張るも、娘は全力で閉じようとします。

男性の医師が、生後3ヶ月の女の赤ちゃんを相手に力比べをするも根負けし、
「ぜんぜん開きません。力を入れているからだと思いますが、開排制限がないと言い切るわけにもいかないので、精密検査を受けてください」と言われました。

そうですよね、医師としては「たぶん大丈夫」とは言えないですよね。

それに女の子の股関節脱臼の割合は、男の子の10倍にも上るそうで、女児というだけでも気を付けなければならないそうです。

精密検査

というわけで後日、整形外科でレントゲンを撮り、股関節の名医と呼ばれる先生に診てもらいましたが、結果は異状なしでした。

ちみに健診前に私が自分で目視した時には、娘の太もものしわの数が違っているように見えて心配になっていました。

それでも実際は問題がなかったので、素人のぱっと見では分からないのだと思います。

パパやママが赤ちゃんの足を見て「しわの数が違うのが心配」とか「足の開きが悪いのかな?」と思い始めると、とてもとても心配になって、不安でたまらなくなりますよね。

でも疑惑があってもレントゲンを撮ってみないとはっきりしませんし、結局は大丈夫だったということも多いそうです。