プロフィール

プロフィール

関東で子育てをしている主婦の、あねごんといいます。

ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。

自己紹介をします。

私の見た目

● 典型的な昭和顔。昭和初期にタイムスリップしても溶け込む自信あり

● アフリカに行くとやたらモテる

● 身長も昭和初期にいそうな、154センチ

● 産後5キロ増えた体重を、見事にキープ

街中で、「うわ~!あの人昭和初期顔だわ~」と思ったら、きっと私です。

ちなみにこの記事の上の絵は、私の似顔絵ではありますが、かなり美化して現代風に描いてもらっています。

つまりこの絵を思いっきり昭和風にカスタマイズしたら私です。

この絵で指名手配されても、絶対につかまらない自信はあります。

だます意図はないんです、イラストを描いてくれた人の才能がすごいだけなんです(^-^;

どうぞよろしくお願いします。

私の経歴

● 幼稚園中退

● いやいや小中学校に通うこと9年間(一時、不登校の時期あり)

● 高校は自由なスタイルの通信制

● たくさんのアルバイトや派遣社員を経験

● いろいろな国を旅行する

● ワーキングホリデービザで1年近くカナダに住む

● 結婚

● 家事代行スタッフとして9年間働く

● 出産

私は結婚10年目の2014年に、36歳という若くない年齢で娘を出産しました。

「あなたも大変な赤ちゃんだったけど、この子はもっと大変だわ~!子育てがんばってね~(笑)

と実母に言われたことがきっかけで、子どものことをいろいろ調べたり相談したりしはじめました。

娘は大変手がかかり、寝ない、泣き止まない、寝返りは遅い、ハイハイしない、一人歩きは遅い、外出は嫌い、食べない、極度の母依存、幼児教室は拒否、などなど・・・・

赤ちゃんの頃から、つねに悩みが絶えない育児に毎日奮闘中です。

いわゆる普通の子じゃない。でも発達障害とも違う・・・

いろいろな本を読み、専門家に相談しているうちに『ひといちばい敏感な子(HSC)』という言葉を知りました。

さらにHSCについて調べていくうちに『これは娘だけじゃない、私もだ!』と気づいたのです。

私はとても神経質で敏感な子どもで学校が肌に合わず、いじめられていたわけでもないのに幼稚園から中学校まではつらい時期でした。

今思えば、私もHSCでした。

嫌な学校を時に不登校になりながらも乗り切った方法は、HSCはなぜ学校に行きたくないの?私が義務教育を乗り切った方法をご覧ください。

ブログを始めた理由

一般的ではない子どもを育てていると特に、母親は孤独になりがちです。

みんなと違うというのは、日本ではとてもストレスになります。

子育てという、本来は充実した素敵な仕事がストレスになるのは、本当に悲しいことだな・・・と思います。

HSCの情報を発信したい

一般的な子育てブログを読んでいると、あまりにも我が子と対照的なお子さまが多く、時々親として自信を失ってしまいます。

一方でHSCや、いわゆる育てにく子を扱ったブログやサイトには、とても慰められ心強い気持ちになりました。

でもまだまだ少ないと思います。HSC関連のブログがもっとたくさんあったらいいのに!と思いました。

私もブログを書くことで、孤独と闘いながら少数派のお子さんを育てているパパやママに『自分は一人じゃないんだ』と思ってもらいたいと思いました。

家事代行サービスの情報

HSCのほかに『家事代行サービス』の情報もブログに載せています。

自分にはとても向いている仕事で内部事情もある程度知っているので、『家事代行サービス』の敷居を下げて、利用する際の不安を解消する記事を書いています。

子育て世代に少しでもこのサービスのことを知ってほしいと思っています。

毎日の家事育児に追われて「つらい」とか「こんなはずじゃなかった」と思ったら、家事だけでも外注して体と心を休めてみることをお勧めしています。

詳しくは元家政婦が、専業主婦にこそ家事代行サービスをお勧めする理由 をご覧ください。

Twitterもやっています

HSCの子育ては修羅場も多く、心配事も多く、決してきれいごとだけでは語れません。

でも落ち着いて客観的に見ると、どの子も純粋で優しくてキラキラしています。

『HSC』という概念を広めた、臨床心理学者のエレイン・N・アーロンが著書『ひといちばい敏感な子』の中で『育てにくい子は、長い目で見れば心配のない子』と書いています。

「本当にその通りだった」と思える時が来るまで、悩みをブログに書きながら親子で成長していきたいと考えています。

同じようなお子さんを育てておられる方に、少しでもほっとした気持ちになっていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

最近Twitterも始め、記事更新情報などをつぶやく予定です。まだまだ初心者でドキドキしながらやっています。

フォロワーもまだまだ少ないです。

HSC育児に奮闘しておられる方、ご自身がHSCで気苦労が多いという方、そしてもちろん嬉しいことや楽しいことも、ぜひフォローしていただき思いを共有させていただきたいと思っています。

「このブログを読んだ」と言ってフォローしてくださった方、全力でフォローバックいたします。

どうぞよろしくお願いします。